認知症やアルツハイマーにも効果的なエキストラバージンココナッツオイル

私たちの身体は、炭水化物を体内でブドウ糖に変換して、そのブドウ糖をエネルギーへ変えて動いています。アルツハイマーや認知症の根本的な原因は、脳がブドウ糖を上手くエネルギーに変換できず、脳細胞が衰えていき、急激に老化してしまうことです。

アルツハイマーや認知症になると、ブドウ糖をエネルギーに変換できない代わりに、「ケトン」というエネルギーを供給することが必要となってきます。ケトンとは、肝臓で作られる、脳に栄養を与えるエネルギーのことです。

エキストラバージンココナッツオイルには、中鎖脂肪酸トリグリセリドという成分が含まれています。この成分は、体内でケトンに変換されるんです。

エキストラバージンココナッツオイルを大さじ1杯から2杯ほど摂取するだけで、血液中のケトンの濃度がアルツハイマーや認知症を治療するレベルに達します。

1日に大さじ1杯から2杯のエキストラバージンココナッツオイルを3回ほど摂取することで、血液中のケトンの濃度を最適な状態に維持することが出来ます。

美容やダイエット、認知症やアルツハイマーにも効果があるなんてすごいですよね!

それを知ってからは私もちゃっかり母と一緒にエキストラバージンココナッツオイルを使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です